白木祭壇と花祭壇

株式会社アスター

0120-08-8709

〒135-0007 東京都江東区新大橋1-1-6

営業時間 / 24時間365日

白木祭壇と花祭壇

2019/08/14 白木祭壇と花祭壇

お葬式で正面に鎮座している祭壇とは、葬儀式・告別式用の装飾壇のことをいいます。

遺影や供物を飾り、祭壇の周りを供花で囲んで、故人を偲ぶという意味があります。

そして、その祭壇の形式も以前と比べると

随分、様変わりをしてまいりました。

 

昔から飾られている白木祭壇

仏式のお葬式で最も一般的なものです。白木祭壇が使われるようになったのは戦後からのようです。戦前には白木でつくった輿にお棺を入れて墓地まで運ぶ「野辺送り」という見送りかたがありました。この白木の輿が形を変えて現在の祭壇になったといわれています。白木祭壇は、白木の温もりの中にも厳粛な雰囲気を醸し出し、仏式での葬儀の際に使われています。

 

 

そして、現代に多いのが花祭壇

文字通り花で囲まれた祭壇です。最近では白木祭壇よりも、人気のある祭壇になっています。

 

上記の写真は、弊社、花祭壇一例です。

 

デザインは勿論ですが、色合い、花の種類などのご希望を承ります。

 

故人が好きだったお花、色合い、ご趣味など、

お聞かせくださいませ。

どんなご希望も、できる限り叶えさせていただきます。

弊社では、白木祭壇も花祭壇もどちらも対応可能でございます。

 

 

 

 

 

 

 

 

■■□―――――――――――――――――――□■■

株式会社アスター

【住所】
〒135-0007
東京都江東区新大橋1-1-6

【電話番号】
0120-08-8709

【営業時間】
24時間365日

■■□―――――――――――――――――――□■■

TOP